短期特例保育

[概要]

保護者が病気、出産での入院や看護等で、一時的に家庭でお子さんの世話ができないときに、認可保育所で保育を行ないます。ただし、お子さんの該当年齢に欠員(空き)がある場合のみ利用が可能となります。

[対象者]

●家族の入院療養のため、保護者が看護にあたるとき
●保護者が病気、出産等で入院するとき
●保護者が葬儀を主催または出席するとき
●保護者が死亡、行方不明等で不在のとき
●保護者が災害等により復旧作業に従事するとき

※0歳児の受け入れ月齢は、各認可保育所により異なります。
※里帰り出産に伴い保育をご希望の場合は、区外に住所があるかたも利用できます。

[申請できる人]

対象となるお子さんの保護者の方

[利用料(費用)]

児童1名 基本料 日額 2000円

延長保育料 1時間 400円

[申請期日]

保育課入園グループへご相談ください。「短期特例保育」が必要な理由などの事情を伺い、該当年齢に空きがあるかどうかを確認します。空きがあった場合にのみ、保育園を内定します。 

[手続きなど詳しくは]

「入院などで短期的に子どもを預けたい 短期特例保育(豊島区サイト)」をご覧ください。

入院などで短期的に子どもを預けたい 短期特例保育(豊島区サイト)

子育て応援情報

「ママフレ」をシェアしよう
  • つぶやく

広告

  • 広告掲載のご案内